SEO対策の手法

サイトへのチューニング作業

主にHTMLの最適化とリンクポピュラリティの向上が、SEO対策の手法と挙げられます。

HTMLの最適化とは、ロボット型検索エンジンのアルゴリズムに合わせて上位表示されやすいサイトへのチューニング作業です。簡単に言うと、ロボット型検索エンジンの好むWebサイトに変更や修正を行う作業です。

リンクポピュラリティとは、ウェブページの人気をリンクされている数やリンク元の質によって判断される指数になります。

HTMLの最適化

スタイルシートの使用

HTMLの最適化と聞くと特別な手法に聞こえがちですが、そうではありません。正しいHTMLの記述方式で作成されたホームページであれば特に問題はありません。

HTMLの記述はシンプルに、無駄なタグを使用されない方がいいです。タグだけでなく、画像やスクリプトを多用しているWebサイトでは重要なテキストが押し下げられ、有効にならない場合も出てきます。

ファイルサイズを抑える事もSEO対策において、重要な要素になってきます。スタイルシート(CSS)を使用してWebサイトを製作される事をオススメします。

リンクポピュラリティ

質の高いページや関連性の高いページにリンクしていることが重要

リンクポピュラリティが高いページとは、ただ単にリンクされている数が多いだけでなく、質の高いページ関連性の深いページにリンクしているかが重要になってきます。

質の高いページの例に挙げるとGoogleのPage Rank(ページランク)の高いページが挙げられます。Page Rankの高いページにシンクされると、上位に表示されやすくなるのかと言えば、必ずしもそうではありません。重要な事は、Page Rankだけではく、関連性の深いページにリンクされているかどうかという事です。

※Page Rank:Googleでの検索結果の順位で、Webページの重要度を判断するための指数です。

検索エンジンスパム

不正な手法でロボット型検索エンジンの上位表示を狙う行為を検索エンジンスパムと言います。

不正な手法でロボット型検索エンジンの上位に表示させる行為を検索エンジンスパムと言います。

スパム行為が発覚した場合、ペナルティーが与えられたり、最悪の場合であれば、ロボット型検索エンジンのデータベースから削除されてしまう事もあります。

検索エンジンスパムの代表的な手法で、背景色と同じテキストを使用したり、フレームページに大量のテキストを詰め込んだり、同じ内容のページやよく似たページを複数製作したり、METAタグに大量のテキストを詰め込んだりする手法があります。

間違ったSEO対策は、スパム行為と取られ兼ねません。正しい知識を持って行う事が最も重要です。